結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2011/3/27(日) ぎりぎりの各卓写真

新郎新婦さんは、28歳のカップル。
はじめは緊張していた2人ですが、挙式が終わって徐々に表情が柔らかくなり、良い笑顔を見せてくれました。

新郎さんは情に厚く、挙式や披露宴でも泣いていました。
(新婦さんと2人ともハンカチで目を拭いているシーンが目立ちました。)



この日は、大きな反省点が一つ。
当日写真エンドロール用の写真も撮り、平穏に進んでいたはずだったのですが、最後にドタバタしてしまいました。。。

当日に渡された披露宴の進行表では、余興の最後にテーブルランド&各卓写真がありました。
が、しかし実際には他の余興に変わっていたのです!!
(本来、司会の方に各卓写真の有無だけは確認するようにしているのですが、「中座中にプロフィールムービーを流すか」など、未定となっていた他の確認事項に追われて肝心な各卓写真の確認を忘れていました。。。これが大きな大きなミスです!)

気付いたのは、私の手にする進行表にはない、3つ目の余興が始まってから。。。
通常、プログラムの中に各卓写真が入ってなければ、中座中や歓談中などに(2人は入らない)各卓写真を撮るのです。


さて、テーブル数は8卓。もう最後の余興が終われば、歓談時間はほぼゼロでしょう。。。
そうすると、お開き後に撮るしかない、、、などと頭の中でシミュレーション。

とにかく、余興が終わってから、すぐ家族のテーブルを撮影。
(「新婦手紙」で両親は席を移動してしまうので、とにかくココだけは今しか撮れないのです!
案の定、すぐに両親が移動し始めました。)
で、その両親移動の最中にもう1卓を撮影。
あとは、残りのテーブルの列席者の方に「お開き後に撮るので少し待ってください」という旨を個別に告げておきました。

そこで、司会のアナウンスが入り歓談は終了。
新婦手紙~記念品贈呈~新郎父・新郎の挨拶、でお開きへ。
新郎新婦・両親だけが一足先に会場を出て、そこで改めて記念撮影をします。
通常、そこでドアが開いて送賓へとすぐに移るので、カメラマンが会場に戻る前に、列席者が席を立ってしまいがちなのですが、
この日はエンドロールがあり助かりました。

エンドロール終了直後に、残りの5卓を撮りきりました。
テーブルごとに、3~4名が座ったままで他の方には後ろに立ってもらうので、何だかんだと、計2~3分かかりました。
(5卓とも席を立たず待っていてくれたのは嬉しい誤算でした。正直、1、2卓は席を立ってしまうだろうと思い、
そうなったら、あとは送賓に並んで待っている間に撮るつもりでした。)

今まで、卓数が多くて中座中に撮りきれなかった場合に、お開き後に1、2卓を撮ったことはありましたが、
こんなに多く撮るのは初めてでした。


とにかく司会に先に確認するのを忘れないように!
あらためて肝に銘じるのでありました。

2011/3/26(土) TVプロデューサーの結婚式@赤坂シュビアでの結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、赤坂にあるSUBIRで結婚式を撮りました。
挙式・披露宴を兼用できる会場は、天井が高くて(3階分くらい)、とても開放感があります。
(ただ、写真的には、天井バウンス撮影が一切使えない点、強烈なスポットライトが顔の高さでバージンロードに真逆光として入る点だけは、厳しいところです。)

新郎さんがテレビのプロデューサーだったので、芸能人の方がけっこういました!
(親族の方が、一緒に記念撮影をする姿が微笑ましかったです。)

かなりイベントも多くて濃い内容だったので、2次会受付時間まで押す盛り上がりでした。
(2次会用の当日写真スライドショーがあり、中座後再入場のテーブルラウンド・各卓写真まで入れ込みました。)

2階レベルから投げるブーケトスでは、集まった大勢の女性ではなく、偶然にも新郎新婦のお子様(男の子)が2回もゲットしたのは、大いにウケていました。(連続でやり直して、4回目で女性の手に渡りました。)

閉めの新郎さんの挨拶のあとに、芸人さんがネタの歌を披露!
さすが演出に凝った披露宴でした。

カメラマンもとても楽しませて頂きました。


参考
2015/2/15(日) 赤坂シュビア(SUBIR)での結婚式撮影
2013/5/25(土) 今年3度目の赤坂シュビアでの結婚式撮影
2013/2/10(日) 2週続けての赤坂シュビアでの結婚式撮影
2013/2/2(土) ワンちゃんも一緒の結婚式@赤坂シュビアでの結婚式撮影
2012/3/24(土) おなじみ(?)の赤坂シュビアでの結婚式撮影
2011/11/27(日) シュビア赤坂SUBIRでの結婚式★各卓写真 当日プリント




2011/3/20(日) 地震による結婚式の延期

ブライダル業界も大変ですね。私が外注を受けているホテル(横浜市内)でも結婚式の延期・中止が相次いでいるようです。
とりあえず今週末・来週末で一部の結婚式撮影のキャンセルの通知を受けました。
(3/20は、このホテルでは13件中5件しか行われないそうです。。。)

地震被害の全容が分からなかった(地震直後の)先週末の方が、列席者に直接被害がなければ、
催しやすかったかもしれません。。。
関連記事「2011/3/12(土) 地震翌日の結婚式」

東京周辺での結婚式延期が、節電などで結果的に被災地の支えになるなら、それはそれで良しと考えましょう。
(ちなみに、皇太子夫妻が英国・ウィリアム王子の結婚式(4/29)への出席を見送ったそうですね。)

結婚式を延期としたカップルは、楽しみにが先に延びたということですよね!
後で、たっぷり祝福されて下さい。

3/20追記
個人依頼で受けたカップルも、打合せ後で急な結婚式キャンセルがありました。
地震の影響による会場側の都合なので、2人のがっかりする声を聞くのが忍びなかったです。
せめて、こちらはキャンセル料なしで対応させて頂きました。。。



2011/3/12(土) 地震翌日の結婚式

東日本での大地震。とにかく大変なことになっていますね。。。
自身は初めて震度5強を経験しましたが(横浜)、初日の停電程度で済みました。
(あとは最寄駅の横須賀線が2日間、不通になったくらい。)

 関連記事 雑記/大地震での情報収集


この日は、ホテルからの外注で撮影。(横浜市内)

(地震の影響を受け、担当組が延期することを決めたそうで、別の組を撮ることになりました。
地震当日は帰宅できないホテルのスタッフも多くいたそうです。)

神前式&披露宴で列席者は親族のみでした。(白無垢からお色直しで黒引きと、和装づくし!)
新郎さんがカメラを向けると、表情がこわばってしまうので、たびたび声をかけて表情を崩すように努めました。
あとは、二人ともすごく瞬きが多かったので、多めに撮っておきました。
余興は兄弟の自席からのスピーチのみで、テーブルラウンド&フォトでゆったりと列席者と話せて良かったようです。

始まってしまえば、地震の影響は殆どなく、スピーチで触れたのも閉めの新郎挨拶だけでした。
(親族だけだったということも、やり易かったと思います。)


2011/3/13夜 追記

(「地震 結婚式」で検索して本ページを見てくれる方が、驚くほど多いので、
これから式を迎える方々が心配しているのだとお察します。)

地震翌日、そのホテルでは、確か7件中3件が延期・中止でした。
午前中から行った式・宴では、かなり欠席者も多く、テーブルフォトが一人だけなんてこともありました。

ちなみに、まさに本地震が起きた時も、このホテルで披露宴が行われていましたが、
一時騒然とした程度で無事に済んだそうです。


私が依頼を受けた、この先2、3週での結婚式は、
実家が福島でも、とりあえず親族の無事は確認済みなので、予定通り行う見込みというカップルもいるし、
(あとは当日までに鉄道が復旧されれば大丈夫、という具合)
別件では、人命が無事でも実家が被災し結婚式自体を行うかを検討中、というカップルもいました。
(3/15追記  このカップルは、東北の親族は呼ばずに、結婚式1次会・2次会を予定通り行うことに決まりました!)

先ほどのニュースで、4月まで計画停電を行う、と発表されていましたが、
ホテルやレストランへの影響もありそうですね。。。
(3/15追記  現在のところ、23区内の多くは計画停電の対象から外れているようですね!)

大地震での情報収集

東日本での大地震から3日目の朝。まだ全容が分からず。
現地で何かできるわけでもなく、もどかしい思いをしている一人です。
(先進国・近隣諸国はもちろん、ジンバブエ、エチオピア、アフガンなどの友人からもメールをもらい、
世界中が注視しているのを実感します。)

テレビ、ラジオのほか、インターネット(mixi、FacebookなどのSNS)でも情報が集まるところが複数あり、
情報収集の難しさも感じます。(テレビなんて緊急番組でどこも同じ内容。遅い・早いの差があるだけ。
どうせCMなしでやるなら、各局で分担して取材するなど協力すれば良いのに!)

テレビ見て嘆くばかりでなく、情報収集には、こうした形で協力したいです↓
http://bit.ly/fHTXn9
前職では、まさに緊急時のこうしたシステムを作っていたのですが、やはりGISは有効だと思います。
とくに、市役所、警察本部などが機能不全になる場合を想定すると、市民参加型の情報収集手段も確立しておくべきだと
痛感します。

もちろん、被災地では電気も使えない状態なので、まずは近隣地域での助け合いになるのでしょうが。。。


あと、当面できることとして、節電は協力したいと思います。

2011/3/6(日) 宴入場でのダーズンローズ儀式

今日の新郎新婦さん(25、26歳)は、とても若い雰囲気のカップルでした。
社内恋愛なのですが、新郎さんは「社内恋愛禁止」だと勘違いし、
上司に「お付き合い許可」の申請をしたというエピソードが披露されていました。


披露宴入場時には、ダーズンローズの儀式がありました。
新郎新婦が入場しながら各卓をまわって、新郎がそれぞれのテーブル代表者からバラを1本ずつ受け取ります。
最後は高砂前で向かい合い、新郎がプロポーズをしてダーズンローズ(12本のバラ)を新婦に渡し、
新婦はOKの返事として、受け取ったダーズンローズから1本のバラを新郎の胸ポケットに挿します。
(儀式では、これがブートニアとなるわけですね。)

意味もあり、列席者12人も関わるので、良い入場イベントになったと思います。


再入場では、キャンドルサービスの代わりに、バルーンスパーク(風船割り)を各卓で行いました。
(個人的には、割れた風船の中から出てくる小さい風船が、お料理の上に落ちないか、なんて余計な心配もしましたが、)
2人の元気良いキャラクターと合っていて、動きのある盛り上がるイベントとなりました。
(とくに新郎さんは、挙式まではとても緊張している様子でしたが、挙式後は別人のように明るかったです。)


余興の最後、8名でのブーケプルズでは、新郎のいとこの小学生がゲット!!
けっこう、ありがちなオチ(?)でありました。




2011/3/5(土) イベントの多い中座時間

今日の撮影は、盛りだくさんで濃い一日でした。

大人数で受付に時間がかかり宴開始前から時間が押していたのですが、
それ以上に内容も多く、送賓が終わったのはほぼ二次会開始時間でした。

撮影で特に難しい要望となったのは「中座に15卓の各卓写真(2人は不在)を撮って欲しい」でした。
通常の中座なら問題ないのですが、今日は歓談時間はほとんどないのです!
新郎新婦中座後も5、6人からスピーチがあり、そのあとはプチキャンドル。
さらに残りの時間は、司会の方(新郎父の親友)がアドリブで両家父にマイクを渡し挨拶をしてもらったり、友人が飛び込みで挨拶したりと盛りだくさんでした。(さらに予定されていたカラオケは時間の都合で無くなった様でした。。。)

事前にある程度は予想できたので、開演前に少し撮るなどして、何とか撮りきりました。(中座には席を立っている人も多かったので、声をかけて集まってもらうなど、皆さんに協力して頂きました。ほんと、いい汗を掻きました~。)

あとは、神前式で当日写真エンドロールもありました。


列席者には新郎さんの「バックパッカー仲間」がかなりいました。
アジアなどを長期旅行をしていた時期があるそうで、そこで出会った旅仲間との交流が続いているのだそうです。

私も旅が好きなこともあり、何となく彼らの雰囲気が分かり面白かったです。
(長髪、ヒゲ、または坊主頭など日本人宿に長期滞在しているような、ちょっとクセのあるバックパッカーが、今日は結婚式なのでビシッとスーツを着ている。それが何となく微笑ましいのでした。)

     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6