結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2012/3/25(日) いじられキャラの新郎さん

ホテルの提携業者の外注カメラマンとして撮影。
40歳、38歳のカップル。(会社の後輩たちいわく)あねご肌の新婦さんと、いじられキャラ(?)の新郎さん。

余興では、飛び入りで新郎友人たちが歌を歌いました。
そのとき新郎も連れ出されて(本人は「この歌知らないよ~」と戸惑いつつ・・・)、一緒に歌いました。
そして、歌の途中で、友人たちは去ってしまい、「え、おれを一人にしないでよ~」って感じで一人残され困っている新郎さん。そんな様子を、友人たちはもちろん、新婦さんも笑顔で拍手喝采。

スピーチなどでも、ことあるごとに新郎さんは、励まされ(ヤジられ?)、実に誰からも愛される人柄でした。
友人・後輩から「かっこいい」と慕われる新婦さんも、その辺に惹かれたのだと勝手ながらに思いました。


さて、このホテルも前日(大安)は結婚式の件数が多くバタバタしていたようですが、この日は落ち着いていて、お二人や列席者には良かったと思います。

2012/3/24(土) おなじみ(?)の赤坂シュビアでの結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、4か月ぶりの赤坂SUBIRでの挙式・披露宴を撮影。偶然ですが、ご縁があるようで3度目になります。
プランナーさんも前回と同じ人であったし、会場側の対応の特徴も何となく分かるとやりやすいです。
(お二人のお支度仕上がりは20分も遅れましたが、あらかじめ余裕をもって30分早めてもらっていたので、お支度後にスナップ写真を撮ることができて良かったです。こうしたルーズさは困りますが、一方では柔軟である面でもあり、持ち込みカメラマンとしては、やりやすい部分も多々あります)


さて、お二人はすでに1歳10か月の男の子がいて、新婦さんと同じくらい(!?)の主役でした。
挙式では、誓いのキスは新郎新婦から両方のほっぺにチュウされて可愛かったです♪
ケーキカットもファーストバイトもしっかり活躍していました。
(夕方から21時くらいまで、寝ないで参加していました!)
カメラを見てくれない時もありましたが、大勢の人の中、泣いたりせずにお利口さんでした。

余興は、新郎父などが参加するエイサー(沖縄の踊り)、テーブルスピーチ、キャンドルリレーなど、けっこう盛りだくさんでした。

再入場後の各卓写真まで入れて作った当日写真エンドロールもお二人が大変喜んで頂き、嬉しかったです。



★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)



参考
2015/2/15(日) 赤坂シュビア(SUBIR)での結婚式撮影
2013/5/25(土) 今年3度目の赤坂シュビアでの結婚式撮影
2013/2/10(日) 2週続けての赤坂シュビアでの結婚式撮影
2013/2/2(土) ワンちゃんも一緒の結婚式@赤坂シュビアでの結婚式撮影
2011/11/27(日) シュビア赤坂SUBIRでの結婚式★各卓写真 当日プリント
2011/3/26(土) TVプロデューサーの結婚式@赤坂シュビアでの結婚式撮影






2012/3/18(日) アニヴェルセル東京ベイでの結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、アニヴェルセル東京ベイでの結婚式撮影。
挙式後、フラワーシャワーからの撮影でした。
直前まで雨でしたが、ぎりぎりの判断で何とか決行!

その後のガーデンでのバルーンリリース、集合写真も撮れて本当に良かったです♪
持ち込みカメラマンという立場ですが、大きな脚立(2.5mくらい)を貸して頂き、会場側に感謝です。

(大階段での2人のポーズ写真なども、もともとダメだったものを事前にお二人に交渉してもらって許可を得られました。ただ、他のアニヴェルセルさんだと挙式は座席撮影できていましたが、ここは撮影NGでした。きっと特例も多いでしょうし、担当プロデューサーさんにもよるかもしれませんね・・・。)


さて、パーティは、デザートビッフェなどで列席者と歓談する時間が多くて良かったです。
お友達と一緒の写真もたくさん撮れました!

新婦さんのキャンペーンガール仲間(?)が多くいて、華やかなでした。
新郎さんは福島県出身で、震災後に家族の大切さを再認識したという謝辞が印象に残りました。
(「一生、新婦さんの笑顔を守る」と宣言していたのも、かっこ良かったです!)


お二人には打合せ時から親しくして頂き、まさに友人のように撮ることができました。

いつまでも素敵なカップルでいて下さい♪

2012/3/17(土) 同級生カップル

ホテルの写真室の外注カメラマンとして撮影。
当日写真エンドロールもありました。

もともと中学校の同級生だそうで、共通の親友が多くて盛り上がりました。
(その頃は付き合っていたわけでもなく、「数年前に再会して」ということだそうです。同級生カップルはこうしたケースをよく見る気がします~)

サプライズ好き(新婦さん談)の新郎さんが、母校などを回って凝ったビデオをつくり驚かせていました。
新郎さん(26歳)は、挨拶がとてもしっかりしていて、落ち着いて堂々としていて素晴らしかったです。

大きな会場でイベントも多かったので1200枚もシャッターを切りました。

2012/3/11(日) 震災から1年・・・いつもの結婚式

前日に続き、馴染みのホテルの写真室の外注カメラマンとして撮影。

この日は知っての通り、東日本大震災から1年。
良いお日柄ですが(友引)、おそらく全国的に結婚式は少なかったのではないかと思われます。
(このホテルも普段は10件以上ありますが、この日は3件ほどでした。。。)

とはいえ、お二人の一生に一度の晴れ舞台です。
基本的には震災に触れることなく、至っていつも通りのハッピーな結婚式でした。

 ちょっと違うかもしれませんが、例えば、3月10日が東京大空襲といっても私の世代には実感がわきません。
良くも悪くも「3.11」も何十年後に同様になるのだと思います。でも、それはもちろん、東北が復興した後のことで、自然とそうなるものなのでしょう。。。(それくらい明るい未来を期待したいです!)

「3.11」の日付が入ったウェルカムボードを撮りながら、ふとそんなことを考えました。


さて、30歳、29歳の新郎新婦さん。夏には2世が誕生するとのことです。
新郎さん友人は賑やかな方が多く、サプライズのテーブルスピーチでは何人もが即興で歌うなどして盛り上げてくれました。
心から楽しんでいて、こちらも気持ちよく撮れました。




2012/3/10(土) 10年ぶり?に会った元介添えさん

馴染みのホテルの写真室の外注カメラマンとして神前式・披露宴を撮影。
当日写真エンドロールもありました。

穏やかな新郎さんと明るい新婦さん。33歳、30歳のカップルです。
新婦さんは双子で、生い立ち映像で、幼いころの写真はご自身も「どっちが自分かわからない」そうです。


直接関係ない話ですが
以前に介添えさんとして働いていた女性が列席者にいて、こちらに気付いて下さり、少しお話する機会がありました。何しろ約10年ぶりなので、本当に驚き、嬉しかったです。

このホテルは以前は、ご年配の和装の女性が介添えさんをしていましたが、今では若い美容師の女の子がアテンド(介添え)も兼務しています。
(会場によりけりですが、わりと年配の方がアテンドをしている所も多いです。きっと花嫁さんを引き立てるように、という意図もあるのでしょうね。。。いずれにせよ柔軟な方が一緒に仕事をしやすいです)



2012/3/4(土) セレスティンホテル(三田)での結婚式撮影

セレスティンホテル(三田)での挙式、披露宴を撮影。
持ち込みカメラマンとして、スナップ、当日写真エンドロールを行いました。(スナップは横塚以外のカメラマンが担当)
挙式も通常どおり撮りました。当日写真エンドロールもとても満足して頂けてうれしい限りです。



★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)





2012/3/4(土) フォレストイン昭和館での結婚式撮影

昭島駅にあるフォレストイン昭和館にて、持ち込みカメラマンとして挙式・披露宴を撮影。
ビデオもこちらのカメラマンが撮りました。

広いお庭のほか、館内も大きな階段など、写真として絵になりやすい会場でした。

式前にたっぷり30分以上もスナップでロケーション撮影する時間が組まれているのも良心的です。
(一般にありがちですが、美容師さんを持ち込んだこともあり、仕上がりが予定より20分以上遅れました。
もともとの時間が長い設定で本当に助かりました。)

挙式は、スナップは動いて撮れますが、最前列より前に出るのはNGでした。
(新郎新婦入場シーンだけは、前から撮れるように許可をしてもらいました)


さて、お二人は、もともと中学の同級生同士ということで共通の友人も多く、盛り上がりました。
再入場時に新郎さんが羽織った白いコート(背中に「正義」の文字)がユニークで大人気でした!

余興は、友人に加わって新郎自らも意外にも(?)可愛いマルモリのダンスを踊ったりと、盛り上げていました。
かなり練習と入念な準備のたまものですね!


2012/2/26(日) アニヴェルセル大宮での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、挙式・披露宴をアニヴェルセル大宮、2次会をBee大宮で撮影しました。

式宴は会場のカメラマンさんにも頼んでいるということで、お互い邪魔にならないように撮りました。
限られた時間の中で、同じアングルで目線をもらうことはせずに工夫しました。

新郎新婦さんが事前の強い要望もあって(?)
挙式が座席から撮影という制限以外は、メイクルームなども自由に撮れました!
(ぜったいに、しっかり自己主張したもの勝ちですね!こちらも助かります♪)

おかげさまで当日写真エンドロールも良いものができました。
後日、新婦さんから「翌日、何度も見て号泣しました!」と感謝のメールを頂いて嬉しい限りです♪


友人たちからの熱い祝福で盛り上がり、友情や絆を強い感じる披露宴・2次会でした。

披露宴で飲み過ぎた新郎さんは、2次会では横になって休んでいる時間もありましたが、
最後の挨拶ではビシッと決めて、ハッピーエンドでした!






2012/2/25(土) 品川プリンスホテル、挙式も自由に撮れました♪

持ち込みカメラマンとして、4ヶ月ぶりに品川プリンスホテルでの結婚式撮影。
(以前に撮影したサンプル写真を見つけて依頼をしてくれたようです)

兵庫出身の新郎さんと、鹿児島出身の新婦さん。
親族が出やすいようにとの配慮で、アクセスの良い品川での結婚式です。

打合せのときからとても親しくして頂いて、当日は楽しく撮影できました。


披露宴の閉めの謝辞で、新郎さんの熱いスピーチが印象的でした。
「一目後れからアタックして付き合うようになり、自分にはもったいない女性」という新婦さんに対し、「不謹慎な表現ですが、[新婦さんの名]さんが年とって最期を迎えるとき、良い人生だったと思えるように、幸せにします!」

新郎さんが涙をこらえながらの宣言。真摯な想いが伝わる立派な挨拶でした。
(男として、一度、言ってみたいセリフですね~)


さて、今回も事前には「挙式は座席からの撮影」と聞いていたのですが、
当日、現場で確認すると、普通に動いて撮れる許可を頂けました!!
とっても良い会場ですね♪

このように当日現場でOKとなる会場も意外とあるようです。とくに人前式は大丈夫ですね。(今回は教会式なので珍しいです!) おそらく、現場がOKなのに担当プランナーさん次第で「ダメ」と言われているケースもあるのではないでしょうか!? とにかく今回はラッキーでした。

⇒ 追記 その後、品川プリンスホテルでは、毎回ふつうに挙式も動いて撮っています。


参考
2013/2/11(月) 中国人同士のカップル@品川プリンスホテルでの結婚式撮影
2012/5/12(土) 「品川プリンスホテルのカメラマンは半人前」か!?
2011/10/29(土) 品川プリンスホテルでの結婚式撮影



     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6