結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2012/11/24(土) 立川グランドホテル&諏訪神社での結婚式撮影

この日は、立川諏訪神社での挙式、立川グランドホテルでの披露宴の撮影。持ち込みカメラマンとしての結婚式撮影です。
朝は雨が降っていましたが、すぐに回復し、挙式の頃は快晴でした♪

諏訪神社での神前式はとても撮りやすかったです。
(場内が明るく、またカメラマンとして動きやすかったです)
式後には、社務所の階段を利用して集合写真を撮りました。
境内の紅葉もキレイで、写真映えしました♪

披露宴では、ケーキならぬ鯛焼きカートや鏡開き(びっくり樽)、キャンドルサービスや余興、新郎さんの炎の料理ショーなどと盛りだくさん。お開き後も、ロビーでブーケトスもありました!
宴後半では新郎父が体調を崩し、急遽、新郎兄が代読していましたが笑いも取り立派にこなしていました。

全体的に2時間近く(?)延長したようですが、とにかく濃い一日を過ごしました。
最後はお二人が気にいっていた3Fの廊下や階段でもポーズ写真も撮り、やりきった充実感に満たされました~。

2012/11/23(金) 今年2度目のアニヴェルセル豊洲での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、またまたアニヴェルセルさんで挙式・披露宴を撮影。
スナップとビデオで、カメラマン2人で伺いました。

例のように、式前はお二人を撮れず、挙式は座席ですが、親族集合写真を撮れるので、
豊洲はアニヴェルセル系列でも良心的な会場です♪

この日はあいにくの雨で、式後のフラワーシャワー、集合写真はチャペル出口すぐのアトリウムにて
行われました。(大階段の上の方は、屋根がある部分)

新郎さんと友人による余興(ジャニーズの歌に合わせたダンス)はかなりノリノリで盛り上がりました。
スポット浴びてとても楽しそうで、こちらも見ていて気持ち良かったです。

2012/11/18(日) お二人なしの親族紹介

前日に続き、ホテルの写真室の(下請け・外注)カメラマンとして撮影。

美男美女のお二人ですが、共通点はバイク好き。
バイク屋で働く新郎さんが、新婦さんに品物(バイク)を届けに行ったのが出会いだったそうです!
まるでドラマのようですね!

ものすごい雨男という新郎さんですが、前日から一転して、この日は良い天気に恵まれました。
屋外テラスからの再入場もできて良かったです。


おかげさまで、この日も当日写真エンドロールは評判よく、上映中に何度も拍手が湧き起っていました。
撮りもそうですが、編集した写真室の社員さんの力量もとても大きいですね。感謝です。
(前日と違って、両親・お二人が退出後に上映だったので、見ている様子をうかがえなかった点だけは惜しい~)


式前の親族紹介ではお二人は参加しなかったので、親族との一緒の写真を撮るチャンスが少な目でした。
その分、(お二人不在ですが)親族控室での歓談写真はかなり多く撮れました。
(例によって、この辺りの写真も当日写真エンドロールでは重要です。両家とも明るく盛り上がっていたので助かりました~)

一般に、新郎新婦さんも親族紹介に参加する場合が多いと思いますが、とくに新婦さんが「ウェディングドレス姿を式前に見せたくない」という理由で不参加とすることもあるようです。

まれに、通常の流れが、お二人抜きの親族紹介が前提となっている会場も見られます。
その場合は、ぜひお二人も参加できるよう、要望した方が宜しいかと思います。
(披露宴に高砂テーブルに集まる友人たちと異なり)親族の方は意外と一緒に写真を撮るチャンスが少ないものです。とくに両親との写真や家族写真は、(親族紹介の前後に)親族控室で撮るのが一般的です。

2012/11/17(土) 人前式とキリスト教式(カメラマンが撮りやすいのは?)

馴染みのホテルの写真室のカメラマンとして撮影。
悪天候でしたが、屋内で完結するのはホテル結婚式の強みですね。
(とくに、ここは新幹線が停まる駅前でもあります)

お二人とも、瞬きが多かったこともあり、写真も多めに撮りました。
祭り好きという41歳の新郎さんは、気さくで明るく「やんちゃな」という表現がぴったりの方でした。
最後の謝辞でもしっかり笑いに包まれ、楽しい披露宴でした。


当日写真エンドロールは、一旦退場したお二人もドアをそっと開けて鑑賞されたのですが、とても満足して頂けました。(やっぱり、その場で反応が見られるのは嬉しいですね!)

ここのホテルの当日写真エンドロールは、挙式までの写真を用いるので、その分、挙式の写真が多く要ります。
この日は人前式だったのですが、実はキリスト教式に比べて、良いものをつくる難易度が増します。
具体的には、讃美歌や祈祷・説教など(時間のかかる)イベントが少なくなり、とくに列席者の写真などをたくさん撮る余裕がなくなるのです。。。

一般に、厳しい撮影制限がある会場の場合は、人前式の方がゆるくなるので撮りやすいです。
また、人前式では新郎新婦は列席者側を向いて立つので、表情を撮りやすいです。
(キリスト教式ではお二人は前(牧師先生の方)を向いて列席者に背を向ける時間が長く、カメラマンが祭壇に上がれない場合は表情を撮るタイミングが少ないのです)

一方、キリスト教式の方がイベントが多めで、牧師先生の説教などの時間もあり、カメラマンが移動する余裕もできて、撮る枚数は多くなると思います。

カメラマンの立場で言えば、自由に動けるキリスト教式が一番、撮りやすいというのが本音かもしれませんね。。。

2012/11/11(日) 2ヶ月ぶりの横濱セントジェームスクラブ迎賓館での結婚式撮影

横濱セントジェームスクラブ迎賓館にも縁があるようで2ヵ月ぶりの撮影。持ち込みカメラマンとしての挙式・披露宴の撮影です。、
(首都圏に結婚式場は何百もあり、いまだに8割は「はじめて」の現場でしょう。2カ月ぶりは、かなり高頻度なのです)

今回は人前式で、宴会場はケンジントンというお部屋。
式前には、メイク撮影、ご両親との会食(短時間の軽食・歓談)なども撮りました。

天気予報は良くなかったですが、急遽、式後にテラスでの集合写真も撮ることができました。
お二人の急な要望でも、会場側も臨機応変に対応してくれて助かりました。
(お二人のテラスでのポーズ写真の時間の代わりに、ということでOKしてくれました)


式前のポーズ写真から新婦さんがまばたきが多いなあ、と思っていたら
挙式中やウェルカムスピーチから新郎さんのまばたきが、とても多くなりました。
(出席者の方いわく「緊張すると、またばきが異常に多くなる」とのことでした。
とくにスピーチ中は、10枚撮って、目がしっかり開いているのが1枚あるかどうか、という具合。。。)
とにかく、表情のタイミングを見ながら、かつ多めに撮影するように心がけました。


宴のイベントでは、ケーキカットの代わりにボトルオープンなどがありました。
なかなか他の会場でないと思ったのが、会場スタッフによる「デザートダンス」。
キャプテン・配膳係を総動員でのパフォーマンスで(素人なりに)けっこう練習したのが分かる内容でした。
何より、列席者の小中学生の男の子も一緒に参加させていたのが、良かったです。


私と同年代で打合せから親しくさせて頂いたお二人。
式後に「エンドロールの写真も素敵だったので、写真の完成が楽しみです」とメールを下さり、嬉しいです。
(早くビデオ、写真とみて頂けるように頑張ります~)

2012/11/10(土) ホテルメトロポリタン(池袋)での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、ホテルメトロポリタンでの挙式・披露宴を撮影。
池袋の結婚式場といえば、まずメトロポリタンが浮かぶわけですが、
5年前に友人の結婚式の二次会を撮って以来、ずっとご無沙汰の会場でした。

この日はシーズンの大安でもあり、12件とかあったそうです。


挙式も自由に動けるし、撮影に協力的でやりやいです。
スタジオ、美容室、親族控室なども同じ階に集まり、コンパクトで動きやすいのですが、
ポーズ写真の撮りどころが少ないのだけは惜しいところです。

(すでに夕方で暗めでしたが)式後にチャペル前で全員集合写真、親族集合写真も撮れました。


気さくで明るいお二人は、一緒に撮っていてとても楽しかったです!


この日、思わず涙腺がゆるんだシーンがありました。

新郎さんの中座退場時、お祖母様と一緒に歩いたのですが、扉の外に出たところでの会話です。
車いすの相手の目線に合わせて、しゃがみ込んで声をかける新郎さん。お祖母様は感無量で何も言えない感じ。
「ありがとうね。お祖母ちゃんと退場するのが夢だったからさあ。俺しか孫いないけど、すぐにひ孫をつくるからさ」

言葉だけでは説明しづらいのですが、とても良いシーンを見させてもらいました。
(もちろん、そこも数枚シャッターを切りました)



パセラリゾーツ池袋本店にて二次会も撮影。
宝探しゲームで、皆が会場を探し回るのが賑やかで楽しかったです。
帰りは、東横線の最終電車でしたが、充実した一日でした。

10/20の撮影の日記で、今年一番の撮影枚数だったと、書きましたが、
あっさりと納品枚数は更新される見込みです。(1370枚)


(この一ヶ月、個人依頼の撮影は、式宴の納品枚数でも毎回1000枚を超えているような気がします。。。
最近、撮りすぎ??)



★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)



2012/11/4(日) アニヴェルセル立川での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、毎度のアニヴェルセルさんでの挙式・披露宴を撮影。(この日記にない、わたくし横塚以外のカメラマンが行くこともあるので、ほぼ毎月関わっていると思います)
こちらの会場は初めての撮影でしたが、撮影ルールはもちろん、チャペル・宴会場・ガーデンのつくりまで、そっくりなので、撮りやすいです。
(挙式前はお二人を撮影できず、挙式は座席から、という厳しい撮影ルールのため、短時間で色々な写真を撮るのにバタバタしがちですが、同系列では毎回なので慣れちゃっています)


また、アニヴェルセルの担当者さんは、どの人も同じ感じに思えてしまう、その徹底ぶりはコワいくらいですが、ある意味大したものです。
今回、人前式でしたが、キリスト教式と撮影制限は変わらず、でした。(普通の結婚式場は人前式であれば、比較的自由に撮れると思いますが。。。) 一応いろいろと担当者さんに聞いてみましたが、案の定、マニュアル通りの回答以外は返ってきませんでした。もちろん、お二人も納得済みなので、通常どおり、アニヴェルセル仕様で撮影しました。

(ただ、ビデオは脇から三脚をたてて撮影できていました。お二人の交渉の成果でしょう!)

追記 ヨコツフォトでは交渉で撮影制限クリアできた実績もあります

ともかく、翌日にはお二人から「エンドロールも好評で2次会でもみんな食い入るようにみてました!」とメールを頂き、嬉しい限りです。(ご丁寧に、ハネムーン出発前にご連絡いただきありがとうございます!)
披露宴は、デザートブッフェなど列席者との歓談時間もたっぷり取れて、写真もたくさん撮れました。
写真データを見てもらうのが楽しみです♪



この日の事件。

友人余興で、彼らが作ったDVDが、会場のプレーヤーの不具合で再生できないトラブルがありました。
本来、DVD(新郎新婦がお世話になって人たちが順々に、ノートにメッセージを書いて、ひとこと言う内容)を見た後に、その寄せ書きノートをプレゼントという流れでした。
このトラブルで、とりあえず先にノートだけを渡されました。(DVDを見ないと、このノートは意味合いが上手く伝わらなくなっていしまいました。。。)

結局、お開きの前(新婦手紙の前)に、DVDは無事に上映されました。
ただ、これは明らかにノートを渡すのも最後にすべきだったので、対応は難しいところですね。。。
(急なトラブルで、気転を利かせて、スピーチリレーでを何とか間をつないだ司会者さんは最善を尽くしたと思いますが。。。)
会場側は、場合によっては、「友人の演出を台無しにした」と言われかねないでしょう。
(せっかく時間をかけて準備してきた友人たちは本当にがっかりしたでしょう。。。)

こうした機器のトラブルは起こりうることですが、そのときの対応、判断は本当に重要で難しいですね。
当日写真エンドロールを行う身としては、本当に身の引き締まる思いでした。はい。

2012/11/3(土) 親族の全員集合写真!?

この日は馴染みのホテルの写真室の下請けで式宴を撮影。
1歳半の娘さんがいたのですが、ずっと動き回り、カメラを向けると逆方向に走り出す(汗)。
(カメラを嫌がるわけでもないのですが、撮られることに意識がないのでしょう。本能のままに動いている感じで、可愛かったですね♪)
ダンスなど動きのある余興以上に、予測が難しかったですー。
式から宴のお開きまで、まったく寝ずにいたのには、皆も驚いていました。

新婦さんのママ友の同じくらいの幼児が数人いて賑やかでした。



この日の事件。

お二人と写真室との事前打合せの勘違いで、スタジオ集合写真が「親族集合写真」ではなく「全員集合写真」となってしまい、撮り終わってから、お二人の意図と違っていたことが発覚しました。

写真室スタッフさんとしては、「全員集合写真」と聞いたので、挙式参列者全員で撮るものと思ったそうですが、
お二人としては「親族の全員集合写真」のつもりだったとのこと。。。

結局、お二人は、「別に参列者の全員集合で良いです」ということで、大ごとにはなりませんでした。
(ただ、写真室スタッフさんが「代わりに披露宴中に(高砂席に集まってもらって)スナップで撮りましょうか?」という提案をしたときは、スナップカメラマンとしては、「んー」という反応しかできませんでした。
もちろん、宴中にそういう時間を確保できれば、撮るのは全く構わないのですが、(きちんと並べてライティングする)スタジオ写真を期待されて、スナップ写真でそれに同等のものは応えられません。。。そこをお二人が理解されているか確認しないと、さらにクレームになりかねませんので。。。(ちなみに、ハウスウェディング系に多いチャペル前の階段や、神社の境内など、屋外の集合写真であれば、スナップ写真でも大差ないです))

事情を知った会場担当者さんが、「お開きのあとで宜しければ、ご親族でスタジオで撮られてはいかがでしょう?」と宴入場前にフォローの声をかけていたのは、さすがですね。
(お二人は、「(再撮影しなくて)いいです。さっきの全員集合写真で大丈夫です。」と再度、答えていました。)


「親族集合写真」と「全員集合写真」。そして「親族の全員集合写真」。
私も、個人依頼のお客様と打合せの時には、明確に伝わるように表現には気を付けたいと思います。


2012/10/27(土) ベイサイドパーク迎賓館での結婚式撮影

ベイサイドパーク迎賓館での挙式、披露宴を撮影
持ち込みカメラマンとして、スナップ、ビデオ、当日写真エンドロールを行いました。(スナップは横塚以外のカメラマンが担当)
挙式も通常どおり撮りました。エンドロールはお色直し後までの写真で製作。
T&Gは、なかなかタイトなスケジュールですが、限られた時間でポーズ写真なども撮れて良かったです。



2012/10/27(土) 岩手県への遠征 ~ 盛岡八幡宮&ホテルルイズでの結婚式撮影


持ち込みカメラマンとして、盛岡八幡宮にて挙式、ホテルルイズにて披露宴を撮影。
東北は岩手県、盛岡まで行きました~!今までにない、大遠征です。

スナップは、会場のカメラマンさんも式宴を撮影していたのですが、
会場にはないサービス、当日写真エンドロールを期待されての個人依頼となりました!

天気も良く、盛岡八幡宮では、青空での参進がとても絵になりました。
式は、「御祓い・祝詞はNGで、あとは自由に動いて撮れる」と聞いていたので、
列席者の邪魔にならないように注意しつつ、かなり動いて撮りました。
(あとで、同行していたホテルの担当者から、あまり前から撮るのは良くなかったとの注意を受けました。
この辺は、神社によって変わりますが、事前に細かい説明がなければ、カメラマンとしてはできるだけ撮ってしまいますね。。。何にせよ、「提携業者は撮らない貴重な(?)写真」もあるのでお二人は喜んでくれています。。。)

披露宴は、中座が二回あったのですが、
1.式服は白無垢、2.宴の迎賓はウェディングドレス、3.入場からはベールアウト、4.再入場①ではドレスをミニスカートにして、祭りのはっぴ姿。5.再入場②ではカラードレス、6.送賓では、ハロウィーンの小物を付けて(新郎はかぶりもの!)、と七変化ならぬ六変化でした!


当日写真エンドロールは、短い曲を2つつなげたものを使用。
後日の新婦さんからのメールで、お二人や列席者からとても好評だったと聞いて、嬉しいかぎりです♪
(お母様から「こんなに熱心に撮ってくれるカメラマンさん初めてだ」というお言葉いただき光栄です~)

とにかく、期待に応え、たっぷり撮影して1000カット以上を納品いたしました。



★披露宴後、ホテル担当者さんの誕生日祝い!

今回、もう一つ印象に残ったことがあります。送賓後に、サプライズでお二人から担当者さんへのバースディプレゼント!!!(お二人の友人たちもクラッカーで祝福~)
お二人が自分の誕生日(結婚式当日)を知っているとは、まったく思わず、本当に驚いて、恐縮しつつも感極まって涙していました。
これは、本当に嬉しいでしょうね!きっと、今まで・これからも何組もカップルと会ってきた担当者さんでしょうが、一生忘れられない新郎新婦さんとなったに違いありません!


もちろん、私にとっても、(大遠征での撮影でもあり)特別な一日、とてもとても印象深いカップルとなりました~!




★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)




     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6