結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2014/12/6(土) ベルザクラス(牛久市)での結婚式撮影

茨城県牛久市のベルクラスにて、持込みカメラマンとして挙式・披露宴を撮影。
スナップ、ビデオ、当日写真エンドロールと3人体制です。

会場には控え室を用意してくださったり、色々と厚待遇で感謝です。
平屋でコンパクトなつくりですが、チャペル前の中庭・プールの間を歩くバージンロードが印象的です。
チャペル自体は、外光が入って明るく撮り易いのですが、人物に直射日光がまだらに当たるのだけは厳しいです。

(チャペル内親族集合写真は、本来、祭壇の段差を利用する予定でしたが、光がまだらに当たるので、場所を替えて、長いすを利用して撮りました。時間のない中での決断でしたが正解だったと思います。)
式中は、キスの後にシャボン玉がでてきて、きれいな写真撮れました。

式前や再入場前に、WD・CDのお二人ポーズ写真も(会場カメラマンのフォーマル写真のあとに)そのまま撮れてよかったです。
(どこの会場もフォーマル写真はデータでくれません。ですので、同様の環境でスナップとしてこちらで撮れれば、お2人はデータでも入手できるので、オススメです!)


お開き後は、次のカップルの利用があり、撮影場所が屋外とブライズルーム内のみ。
屋外では、新婦は寒いし、日没後ですでに暗く、イルミネーション系の明かりもないので、残念なロケーション撮影になってしまいました。なので、早めに切り上げて、ブライズルームでも全身写真なども撮りました。

お二人はまばたきが非常に多く、また、
カメラ向けられるのが苦手ということもあり、移動シーンなど下を向くことが多く、ボツ写真が400カット近くになりました。

宴後半は、余興はなく歓談時間。お二人とも歓談中は笑顔をたくさん見せてくれ、多めに撮影するように心がけました。


参考
2016/6/25(土) ベルザクラスでの結婚式撮影
2016/3/13(日) ベルザクラスでの結婚式撮影
2015/10/11(日) ベルザクラス(茨城県)での結婚式撮影




2014/11/29(土) ヒルトン東京での結婚式撮影

持込みカメラマンとして、ヒルトン東京での挙式、披露宴を撮影。
スナップ、ビデオ、当日写真エンドロールと3人体制です。
以前にも経験のある結婚式場です。挙式も動いて撮れ、慣れると撮りやすい会場です。
新郎新婦さんからも感謝されてうれしい限りです♪



★感想シートを送って頂きました~。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)





2014/11/29(土) ラ フェリーチェでの結婚式撮影

ラ フェリーチェ(茨城県つくば市)にて挙式披露宴、
(隣接・同系列の)ラ フェリーチェ アネックスにて二次会を撮影。
持込みカメラマンとして、スナップ、ビデオの二人体制です。

シンプルな導線で、スタッフも良心的でやりやすかったです。
もちろん、初めての会場ですが、写真も撮りやすい会場ですね。

ビデオは祭壇前に小型カメラを置かせてもらい、二人の表情もばっちりです。
(どこの会場でも、人前式でなくキリスト教式では、基本、お二人が前を向きます(列席者の方でなく祭壇の方)。
動きまわれるスナップと異なり、記録ビデオはなかなか、そうは行きません。祭壇前に三脚をたてると邪魔になるし、据え置きカメラ使用の2カメ対応はオススメの解決策です♪)

朝から、あいにくの天気でしたが、式後のチャペル前でのイベント(フラワーシャワー、ブーケトスなど)は無事に行えてラッキーでした!
親族集合写真はチャペル内、全身集合写真はチャペル前で撮れました。


さて、お二人は中学の同級生カップルだそうで、成人式で再会してお付き合い、だそうです。
お二人の赤ちゃん(6ヶ月)は、お利口さんで、写真タイムもご機嫌で良かったです。

二次会は同級生を中心にほとんどが共通の友人のようでとても一体感があり良い雰囲気でした。
朝5時に家を出て、帰りは夜9時ごろ。長くて充実した一日を過ごせました~。

アルバムも製作をするので、楽しみです。





2014/11/23(日) 久々に、なじみの結婚式場の下請け(会場カメラマンとして撮影)

久々に、なじみの結婚式場に頼まれて、会場カメラマンとして撮影。
(年に1、2回ほど。繁忙期など人手不足で声をかけられ、こちらの空きがあれば、たまに受けています)

新婦さんが、気なった点をはっきり口にする性格で、
介添えさんなど、会場スタッフへの文句を周りの人に(本人に聞こえるように)言っていました(汗)。

わりとスタッフの躾も厳しい会場ですが、(繁忙期で件数も多いこともあり)至らない点があったのでしょう。
結婚式がはじめての新婦さんにとっては、そう思うのは仕方のない点も。きちんと不明点を説明したり、コミュニケーションをとらないといけませんね。
あとでクレームになるより、その場の言動に出るので、ある意味分かりやすい、とも言えます。

とはいえ、それを聞く新郎さんは少し困っていましたが。

写真撮影については、要望が多かったのですが、不明瞭な点は個別に確認してクリアしていきました。
とくに問題なかったと思います。

珍しいタイプだったので、接し方などは気をつけましたが、なかなか貴重な経験でもありました。


★いつもの個人依頼だと、基本、事前に会って打合せをしています。
会場のカメラマンだと、そうはいかないですね。その辺も、個人依頼がオススメです!



     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6