結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2010/10/16(土) スタジオ集合写真のスナップ

今日は、いつものホテルで外注カメラマンとして撮影。
宴中プロフィール紹介を聞いていて、新郎さんが東京工業大学の後輩(1学年下)であることがわかりました。
もちろん面識はありませんが、出席者にも同窓生が多くいて、親近感が湧きました。
(最近、何かと縁のあるカップルを担当することが多いです。)


今日のスナップ撮影の要望書(ホテルの写真スタジオの社員が受け、当日カメラマンに伝えるもの)には、
「親族集合写真を[アルバム名]の見本通りに撮って欲しい」というのがありました。
今回注文の商品とは異なる、かなり珍しいアルバムの見本だったので、事前に社員さんに見せてもらうと、要するにスタジオでの集合写真の焼増し用に使いたいのだろうな、という話でした。
(ここのスタジオでは、集合写真やポーズ写真をスタジオで撮るときにそのストロボに同調させてスナップのカメラで撮ることが許されています。バルブ撮影ですが、スタジオのカメラと遜色なくキレイに撮れます。しかし、正面方向、スタジオのカメラの後ろから撮る場合は、必ず機材など手前に障害物を入れて撮らなければなりません。つまり、スナップ写真がスタジオ写真の焼増し用に使えないようにするのです・・・。ところが、例のアルバム見本でのカットは、端を切れば集合写真に十分代用できるカットでした。)
結局、「要望を受けてしまったのだから仕方ない」という社員の判断を頂き、カメラマンとしては、要望に近いものを撮影しました。最近のデジタル一眼レフカメラは高画質で、私の使用している5DⅡは2,100万画素。障害物のある端を取り除いても、余裕でA4サイズ以上にプリントできるものです。当然、スタジオ写真の焼増しは、六切でも1枚何千円もします。写真スタジオとしては、商売上がったりでしょうね。。。

当然、「スタジオでの集合写真をスナップでも撮影して欲しい」という要望であれば通らないでしょう。(以前、スタジオのストロボに同調させるのではなく、単にスナップカメラのストロボを用いるケースでなら、スタジオの集合写真をスナップとして撮ったことがあります。)
今回は、「アルバムの見本の通りに」という要望なので、上手く見過ごされたのでしょう。。。(そもそも、こういうカットを見本に置いていることがスタジオ側のミスで、普通はないことだと思います。)


     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6