結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2012/7/21(土) アニヴェルセルヒルズ横浜での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、今年の2/11以来のアニヴェルセルヒルズ横浜での挙式・披露宴を撮影。
今回は、当日写真エンドロールはなく、スナップとビデオです。

やはり、前回と同じ撮影制限で、「式前はお二人の撮影不可、式は座席から」ということでした。
カメラマンの持ち込み料なし、列席者としての費用もかからず、なので仕方ない条件だと思います。


式後の大階段での集合写真は、「全員集合は撮影OKで、親族集合は撮影不可」です。
通常は会場カメラマンが、親族集合を撮るので、「スナップカメラマンは撮らないで」というのは納得です。

今回のお二人は、会場カメラマンの親族集合を撮らなかったので、
スナップの全員集合のあと、そのまま親族だけ残ってさっと撮るつもりだったので撮影不可は残念です。。。
(そのことはお二人も了承済み。全員集合のあと、両家家族との写真、お二人だけの写真、は撮りました。)


それにしても、もし、親御さんや親族の方がお二人のまわりに集まって「一緒に撮ろう」となったら、
会場スタッフは「会場のルールなので、親族との集合写真は撮れません」とつっぱねられるのだろうか???
はなはだ疑問ですね。

こうした屋外では、会場カメラマンが撮る集合写真も、スナップで撮る集合写真と大きな差はありません。
(屋内のスタジオ集合写真とは別物です。屋外だと天候の方が出来を大きくする左右するでしょう)
スナップで親族集合写真を許可したら、大きな利益がなくなるという会場側の考えでしょうが、誰もが撮れうる屋外で、親族写真だけを禁止するのが無理があるように思えます。

同じアニヴェルセル系列でも、(持ち込みカメラマンも含め)スナップでの親族集合を許可している会場もあります。(明確なルールは知りませんが、自分の経験での話です)

こういう無理のある制限は、なくなっていくのでは、と期待したいですね。



さて、お二人は趣味のバスケットボールのつながりだそうで、
共通の友人も多くて盛り上がりました。

テーブルラウンドやデザートビッフェがあり、お二人と列席者の方が話す機会が多くて良かったと思います。

この日は、前日まで天気が心配されましたが当日はなんとか雨は降らず幸いでした。
(アニヴェルセルさんは緑もあるし、ガーデンが素敵なので、天候も重要ですね!)

最後の新郎謝辞は、会場全員の心を(笑いで?)ばっちりとつかんで良かったと思います!
(数か所で言い間違えを繰り返したのですが、(本人も)列席者もその都度、笑ってしまい、最後は大拍手でした。言葉では説明しにくいですが、これほど会場が一体感につつまれた謝辞はなかなか無いです。ねらってできるものではないですね!)


余談ですが、
式後にパラシュート・ベアがありました(バズーカで空に発射されたベア(ぬいぐるみ)がパラシュートで落ちてくるのを拾う、ブーケトスの様なもの)が、風で流されて新婦さん本人に戻ってくる珍事(?)がありました。
新郎さんの方は、逆に遠くまで風で流されてしまい、けっこう難しいものだなと思いました。
(失敗すると二回目はバズーカでなく投げることになります)


     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6