結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2012/11/17(土) 人前式とキリスト教式(カメラマンが撮りやすいのは?)

馴染みのホテルの写真室のカメラマンとして撮影。
悪天候でしたが、屋内で完結するのはホテル結婚式の強みですね。
(とくに、ここは新幹線が停まる駅前でもあります)

お二人とも、瞬きが多かったこともあり、写真も多めに撮りました。
祭り好きという41歳の新郎さんは、気さくで明るく「やんちゃな」という表現がぴったりの方でした。
最後の謝辞でもしっかり笑いに包まれ、楽しい披露宴でした。


当日写真エンドロールは、一旦退場したお二人もドアをそっと開けて鑑賞されたのですが、とても満足して頂けました。(やっぱり、その場で反応が見られるのは嬉しいですね!)

ここのホテルの当日写真エンドロールは、挙式までの写真を用いるので、その分、挙式の写真が多く要ります。
この日は人前式だったのですが、実はキリスト教式に比べて、良いものをつくる難易度が増します。
具体的には、讃美歌や祈祷・説教など(時間のかかる)イベントが少なくなり、とくに列席者の写真などをたくさん撮る余裕がなくなるのです。。。

一般に、厳しい撮影制限がある会場の場合は、人前式の方がゆるくなるので撮りやすいです。
また、人前式では新郎新婦は列席者側を向いて立つので、表情を撮りやすいです。
(キリスト教式ではお二人は前(牧師先生の方)を向いて列席者に背を向ける時間が長く、カメラマンが祭壇に上がれない場合は表情を撮るタイミングが少ないのです)

一方、キリスト教式の方がイベントが多めで、牧師先生の説教などの時間もあり、カメラマンが移動する余裕もできて、撮る枚数は多くなると思います。

カメラマンの立場で言えば、自由に動けるキリスト教式が一番、撮りやすいというのが本音かもしれませんね。。。

     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6