結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2013/10/5(土) シンフォニークルーズ<クラシカ号>での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、シンフォニークルーズ(日の出桟橋)のクラシカ号にて、船上結婚式を撮影。
雨天のため屋外デッキでの挙式が船内になったのは残念でしたが、宴の後半に雨が上がり甲板から見えるレインボーブリッジの夜景がきれいでした♪(デッキより船内の方が広くて写真も多く撮れました)

東京湾をクルーズし、桟橋に戻る時間・次の出航時間が決まっているため、宴のお開きも延ばせません。
その点は、キャプテンを中心にスタッフは、イレギュラーにも要領よく対応して柔軟な印象を受けました。


お二人は、同じ高校の生徒会の仲間ということで、共通の友人も多く、アットホームで温かいパーティでした。歓談時間には、ご友人の皆さんがひっきりなしにメインテーブルに来て楽しまれていました。(余興を詰め込むより列席者も嬉しいでしょう♪)



この日は当日写真エンドロールも行いましたが、お二人の要望でカメラマン(わたくし横塚)が撮影と編集を一人で兼務して行いました。(通常の結婚式場と違って、編集者も費用(乗船料)がかかりますからね)

挙式終了から宴開始までは、ほとんど時間がないため、実際には中座中(15分)および再入場後の歓談時間(計1、2分)で制作しました!(しっかり全てトリミングし、2、3枚は明暗の補正も行いました。もちろん、いつも通りお色直し後の写真まで入っています!)

介添えさんや美容師さんには「一人でやってるんですかー!!?」と驚かれましたが、結果的に余裕をもって作れ、結婚式後にご覧になったお二人からも「エンドロールもすごく素敵に作ってくださって、うれしかったです」とお褒めのメールを頂きました♪

実際に、いつもと同じ(それ以上!?)完成度でできたと思います。基本的には撮影者本人が選んだ方が効率良く作れるので、当然かもしれません。ただ、例えばスケジュールが大きく変わる等の不測の事態への対応がやはり一人だと不安があり、強い要望が無い限りは、編集者も同行して2人体制でやっています。

(今回は、宴の後半が2次会のノリで立食のブッフェとなり、ほとんどが歓談時間なので「その時間は作業優先でOK」という許可を得て引き受けました。実際には、予定通りに作業ができたので、ほぼ歓談時間もお二人のそばで撮影もできて良かったです。(具体的には、「DVD化の実行ボタンをおす」「完成DVDを取りに行く」の2回、計1、2分だけ宴後半で不在になりました。「料理待ち」の都合、お色直し完了から再入場までに数分の時間ができたので、そこでお色直し後のポーズ写真を入れる作業を済ませられたのは、イレギュラーのラッキーでした))


めったにないクルージングでの撮影、そしてエンドロール編集兼務と、私にとっても一生忘れられない結婚式となりました。




★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)



     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6