結婚式写真・スナップ撮影、当日写真エンドロール・ブライダルアルバム制作
東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・大阪・兵庫・京都・愛知・宮城ほか全国に出張可


2016/9/18(日) カーサアスティオン(渋谷)での結婚式撮影

持ち込みカメラマンとして、カーサアスティオン(渋谷)での挙式・披露宴を撮影。(横塚以外のカメラマンが担当)
当日写真エンドロールも行いました。

結婚式場 選びの段階から、相談されていたカップルです。
新婦さんは こだわりも多く、やはり自由度の高い会場がオススメですね。
狭めですが、撮りやすい会場だと思います。

結婚式後、新婦さんより「エンドロールは私の両親が泣いて本当に感謝です」と連絡をもらい、本当に嬉しい限りです♪


披露宴後(ゲストをお見送り後)、サプライズで両親にプレゼントを渡すシーンがありました。その写真で、背景に美容師さんが写り込んでいて、新婦さんはその点をがっかりされていました。カメラマンとしては、その場で、どうしようもないのが正直なところです。(もちろん、手前で邪魔になる場合は別ですが、そのシーンを撮り損なわないようにカメラを構えている状況で、なかなか、背景に写り込む美容さんをどかす、という行動には出られません。(一方、そのシーンの後、新郎新婦&両親で目線をもらった記念写真では、時間的な余裕があるので、当然、背景に映る邪魔な人をどかして撮っています。)

(ちなみに、よくあるのは、ケーキカットで新郎新婦に目線をもらって撮っている際、キャプテンが思いっきり背景にうつる場所にいて、「邪魔!どいて!」と気付かせるように、目で合図をする事があります。(それで気づかない人も多いです。。。))

美容師さんとしては、後ろでお二人・両親に拍手をしているだけ、なのでしょう。結果的に、それが予期せぬクレームになってしまいました。
結局、事前に新郎新婦さんがカメラマン側および会場側に、その旨を伝えていないと、防げない事です。
わたしとしては、打合せ時に、その意図をくみ取れなかったことが悔やまれます。

新郎新婦としては、「言わなくても分かるだろう」ということだったのでしょうが、実際には、そうではなかったのです。
(写真に限りらず)われわれブライダル関係者側の「常識」(=一般的な結婚式の認識?)が、個々の新郎新婦さんの認識と、いつも同じとは限らない、そんな当たり前のことを、あらためて強く認識しました。

今回は、このシーンをアルバムで掲載する際に、背景のスタッフは消す対応を行いました。



★感想シートを送って頂きました。 「クチコミ/お客様の感想」より抜粋)


     ← Click Me !
    にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !
    人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! ← Click Me !

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

     にほんブログ村ランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします! 人気ブログランキングに参加中。1日1回クリックをお願いします!

counter since 2010.6